2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年5月15日 (日)

怪盗紳士月影(あらすじその10)

 あらすじその9が長かったため、一回伸びてしまいました orz (10)そして再...

» 続きを読む

2016年5月12日 (木)

怪盗紳士月影(あらすじその9後編)

 あの日に消えた「一市民の協力者」の行方を、紳士は彼の妹の見舞いの場で彼女にも彼...

» 続きを読む

2016年5月 8日 (日)

怪盗紳士月影(あらすじその9 前編)

(9)ある雨の夜  雨はまだ止みそうになかった。  山奥の小屋、そこに一同は集ま...

» 続きを読む

2016年5月 5日 (木)

怪盗紳士月影(あらすじその8)

(8)正しき友とはいかなるものか  産業大臣のもとに来客がくる。  旧知の友人だ...

» 続きを読む

2016年5月 3日 (火)

怪盗紳士月影(あらすじその7)

(7) ある墓参の昼下がり  ある穏やかな初夏の日、一人の青年が尼僧院を訪ねて来...

» 続きを読む

2016年4月30日 (土)

怪盗紳士月影(あらすじその6)

(6) 手の内に隠れるほどの権力  三々五々、この国の中枢を担う閣議の場へこの国...

» 続きを読む

2016年4月27日 (水)

怪盗紳士月影(あらすじその5)

(5)ただの一私人の唄  問わず語りで語る紳士の前半生を詩人は聞いたことがある。...

» 続きを読む

2016年4月22日 (金)

怪盗紳士月影(あらすじその4)

(4)童の歌ほどおそろしきものはなく  ボロ布のマントをみんながはおる。  筒で...

» 続きを読む

2016年4月16日 (土)

怪盗紳士月影(あらすじその3)

(3)はたして使命とは腐るものなりや?  詩人はこれまで自分が生きてきた道を振り...

» 続きを読む

2016年4月12日 (火)

怪盗紳士月影(あらすじその2)

(2)「論敵」とは、実は得難いものにて  出版社で馴染みの編集者から泣き口説かれ...

» 続きを読む

«怪盗紳士 月影(あらすじその1)

ウェブページ

無料ブログはココログ